いけない感情を妹に抱いたお兄ちゃん

スマホ用ゲームブックはこちら

禁断の行為をタップ

いけないよお兄ちゃん
地味子な妹がオンナだったと気づいた日

【まんがこっち】 いけないよ お兄ちゃん

「いけないよお兄ちゃん」

ずっと地味な女の子だと思っていた妹に、オンナを感じてしまった日は、梅雨入り後すぐだった。

妹は2つ年下で、兄が、あまりデキが良くかったからと言って、親は彼女にばかり期待をかけていた。

だから小さい頃から、ひたすら真面目に勉強や習い事ばかりしていたから、こういった地味な友達もいない娘に育った。

この日、親達は法事で出かけていたので、妹のゆずきと2人だけだった。

【まんがこっち】 いけないよ お兄ちゃん

地味だった妹が成長したら凄かった

ゆずきは雨でびしょびしょになり、しかも何故か座り込んで泣き出した。

特に体調が悪いわけではないゆずきは、落ち着いてから理由を話し始めると、驚愕の事実が・・・。

さっき駅で、電車待ちをしている妹のお股を男が思いきり触れたらしいのだ。

兄は、ゆずきのアソコを男がどんな風に触ったのかなんていう事を考えて、変な気分になっている。

これは、今まで地味で通ってきた妹に、オンナとしての魅力を感じてしまったからだ。

【まんがこっち】 いけないよ お兄ちゃん

兄が欲望のままに襲いかかる

ゆずきの大きく育ちまくった胸を見ていると、どうしても触れたいという駄目な衝動に駆られた。

これまで兄妹という家族的な愛情しかなかったのに、一度オンナを意識してしまうと、ここまで感情が変わってしまうのだろうか。

何とか落ち着いた兄だったが、シャワーに向かったゆずきの裸を想像してしまい、再びいけない感情と戦う事になった。

そんな忙しい時に、バスルームから妹が「お兄ちゃん、ちょっと来て」などという、挑発的な言葉を発したから困ったものである。

【まんがこっち】 いけないよ お兄ちゃん

妹が淫ら過ぎるw

お兄ちゃんをいけない気分にする地味系巨乳妹がマジ天然

いけないよお兄ちゃん~地味子な妹がオンナだったと気づいた日は、スマホで気軽にデジタルコミック風のゲームが楽しめるゲームブックです。

漫画のような画面なのに、突如選択肢が出てきて、微妙にゲーム風味があるわけです。

中身は簡単に言うと、地味路線を歩み続けてきた妹のゆずきが、駅でエロい目に遭って、さらに雨で濡れて透けまくるという出来事を経て、お兄ちゃんが初めていけない気分になってしまうという話です。

これって、よく考えてみると、かなりあれこれと重なっていますよね。

お触り事件から濡れて制服が透けるというコンボが入っているのだから、これは欲情しなければおかしいです。

しかも、地味子とか言われてますが、このゆずきって子は、かなり可愛い上に巨乳でえっちな身体をしているので、これまで注目されていなかったのが変なくらいですよ。

こうやって兄の妄想をかき立ててから、小さくなってしまったスク水で無意識におっぱいアピールとか、この妹、どう見ても天然です。

というか、そんなキツ過ぎる水着を、今年も着たいとか痴女しか考えないと思うのですが、この人、マジでチャレンジャーですねw

はい、これだったら、お兄ちゃんがおかしくなって、妹の色んな所を直接触りまくって確認しちゃっても攻める事なんて出来ません。

大きなサンプル画像はこちら

挑発的な妹をタップ

【まんがこっち】 いけないよ お兄ちゃん